世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

ブックメーカーとは何か?

ウィリアムヒル  ブックメーカー

ブックメーカーに興味があるけど、どういったものなのかよくわからない、という方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、ブックメーカーとはどんなものなのか、違法性や安全性など基本的なことなどを解説していきます。なぜ、ブックメーカーが人気なのか、どうやって遊ぶのなども解説していきますので、参考にしてみてください。

 

ブックメーカーとは何か?

ブックメーカーとは、世界中のスポーツや政治、ゲームなどの結果を予想して賭けを行えるサービスとなっています。

 

海外政府の公認を受けた海外企業が胴元として運営して、世界中にサービスを展開しています。

 

ブックメーカーは、イギリスで発祥し、その後、ヨーロッパに広まっていきました。そして、近年、アジアや世界各地でも広がりを見せています。スマホやPCの普及によって、手軽にブックメーカーを利用して遊べるようになったのも大きいのでしょうね。

 

最近は、日本でも、たまにテレビで、「ブックメーカーのオッズが〇〇倍です」というような取り上げられ方とかもしていますね。

 

ブックメーカーはオッズを提示して、その賭けを募集して、賭け金の一部を手数料として徴収することで利益を得ています。

 

ブックメーカーはそれぞれの国の法律やルールに則って運営されており、様々な企業が参入しています

 

ウィリアムヒルのような上場企業で世界中に展開しているようなブックメーカーもあれば、知名度などもないブックメーカーもありますので、どのブックメーカーを選ぶのかも重要になってきます。

 

ブックメーカーの違法性・合法性

欧米を中心とした海外では、ブックメーカーの存在は身近なものであり、多くの市民の間に浸透しているそうです。違法性などはなく、合法的に運営されていて、ブックメーカーがスポーツイベントのスポンサーになったりもしています。

 

一方で、日本では、ブックメーカーは合法として認められていません。たまに、野球賭博とかニュースになっていたりしますね。

 

日本では、ギャンブルは、法律で認められているもの以外は賭博罪として違法となります。

 

日本で、海外のブックメーカーを利用するのは違法ではないのかという議論がありますが、これについては、違法でも合法でもないグレー」と言われています。

 

賭博罪は、古い法律なので、ネットを利用し、海外サイトでギャンブルすることを想定していません。そうなると、当然ながら、これを違法とする明確な法律がないので、処罰することは難しいというのが現状です。

 

外国政府の公認を受けて合法的に運営しているブックメーカーを日本の警察が捜査することもできませんし、証拠集めとかもできないので、現実的に日本人プレイヤーを逮捕するのは不可能に近いと考えられています。

 

現時点で、日本人が海外のブックメーカーを利用して逮捕されたと言う事例はないですし、今後も、自宅でスマホやPCでブックメーカーを利用していると言う場合であれば、逮捕の可能性は低いといえます。

 

ブックメーカーの安全性

ブックメーカーは外国政府のラインセンスというのを受けています。外国政府がそのブックメーカーの資産状況や設立の経緯、経営者の資質、管理状況などをチェックして、問題がなければ、ライセンスを発行します

 

このライセンス制度によって、安全性は担保されています。また、不正やイカサマなどがないかをチェックする機関もあります。

 

ブックメーカー以外に様々な組織が関与することで、問題が起きないようにしているということですね。

 

ウィリアムヒルのような大手のブックメーカーであれば、長年の実績がありますし、企業も大きくて、社会的な信用もあり、経営母体もしっかりしているので、安心感があるといえますね。

ブックメーカーが人気の理由

ブックメーカーが人気の理由としては、賭けられる対象が豊富というのがあります。ブックメーカーは、野球、テニス、サッカー、競馬など数多くのスポーツに賭けられます。

 

ブックメーカーのアカウントを一つ作れば、いろんなスポーツなどに賭けられるので、それが人気の理由だといえます。

 

相撲や格闘技、eスポーツ、政治など、幅広く賭けができるので、飽きずに楽しめるのではないでしょうか。

 

また、ブックメーカーはペイアウト率(還元率)がいいと言われています。日本の公営ギャンブルよりもペイアウト率がいいので、魅力的なオッズが多く、稼ぎやすいともいえます。

 

なぜ、ペイアウト率がいいのかという点ですが、大手のブックメーカーは世界中に顧客がいるので、少ない控除率(手数料)でも、多くの利益を得られるような仕組みになっているので、還元率が高いそうです。

 

オッズも豊富に用意されているので、自分なりのやり方を工夫したりすれば、利益率を上げられるので、安定的にコンスタントに稼いでいる人も少なくないそうです。

 

ブックメーカーの遊び方

ブックメーカーで遊ぶためには、そのブックメーカーへの登録が必要になります。登録して、アカウントを作り、そのアカウントにお金を入金して賭けを行います。

 

賭けに勝った場合には、アカウントに勝利金が振り込まれますので、これを自分の手元に戻すために、出金が必要になります。

 

出金のためには、多くのブックメーカーで「本人確認」が必要になります。免許証などをアップロードして送信して、クリアすることで、出金することができます。

 

登録→入金→賭ける→本人確認→出金という流れですね。

 

入金、出金方法はブックメーカーによって異なってきます。最近では、仮想通貨を使えるところもでてきたりしていて、利便性は高まっています。

 

入金に使いたい方法があれば、それを基準にブックメーカーを選んでみるのもいいかもしれませんね。

ブックメーカーの選び方

ブックメーカーを選ぶ際には、安全性を重要視したほうがいいかと思います。やっぱり、大事なお金を預けることになりますので、信用できるサイトを利用したいですよね。

 

まずは、ライセンスが大事になってきます。ライセンスは、発行している国によって信頼度が変わってきますので、信頼度が高いライセンスを持っているところをえらぶようにしましょう。

 

最も信頼度が高いといわれているのが、マルタライセンスです。マルタライセンスであれば、信頼性が高く安心して遊べると思います。

 

次に、キュラソーライセンスも人気です。マルタライセンスよりは劣りますが、こちらも信頼性は問題がありません。キュラソーライセンスは仮想通貨の規制がマルタライセンスよりも緩いということで、マルタライセンスからキュラソーに変更するブックメーカーも増えているようです。

 

あとは、運営実績や、口コミ、評判なども参考にしてみるのもいいと思います。運営実績が長いということは、それだけ、多くのプレイヤーに愛されて運営しているということなので、安心して遊べるのではないでしょうか。

ブックメーカーのおすすめサイト

これから初めてブックメーカーを遊ぶと言う場合には、ウィリアムヒルがおすすめです。

 

ブックメーカーの中で、最も知名度があり、信頼性が高いサイトなので、安心して遊ぶことができます。

 

ウィリアムヒルは、1934年に設立し、2002年にはロンドン証券取引所に上場していますし、信用のある会社といえます。資金力も豊富なので、つぶれたり、出金を拒否されるようなこともないですし、安心して遊べるはずです。

 

私もウィリアムヒルを利用していますが、今の所、トラブルなどもなく、楽しく遊んでいます^ー^b

 

ライセンスも、最も厳しくて信頼性が高いマルタライセンスなので、この点も安心です。

 

初めて、ブックメーカーを利用するのであれば、ウィリアムヒルが一番だと思いますよ!

 

こちら↓でウィリアムヒルの登録方法を解説しているので参考にしてみてください。
ウィリアムヒルの登録方法を解説!【画像付き】
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました