世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

ブックメーカーの歴史

競馬 ブックメーカー

ブックメーカーがどうい経緯で誕生し、現在に至るのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

 

今回はブックメーカーの歴史について、解説していきます。ブックメーカーが人気になった理由なども解説していきますので、参考にしてみてください。

ブックメーカーの歴史

ブックメーカーが誕生したのは、1790年代と言われています。つまり、200年以上の歴史があるということですね。

 

イギリスのニューマーケット競馬場で、競走馬にオッズを付けて賭けさせたのが始まりだったそうです。

 

当時の競馬は紳士の嗜みのような性質があったということで、一部で反対もあったようですが、結果的に参加者もどんどん増えて、賭け屋といわれる胴元もふえていき、一般人にも受け入れられるようになっていったそうです。

 

競馬から始まって、徐々にほかのスポーツにも広まっていき、賭け屋とその賭けに参加する人も増えていったそうです。

 

賭け屋が増えて、ギャンブルをする人も増えて様々な問題が生じたのか、1845年に競馬賭博を禁止するという法律ができました。しかし、その後も法律の規制をかいくぐって、賭け屋が賭けを提供し、参加者もあとをたたなかったそうです。

 

そこで、イギリスは方針を転換し、1960年に政府の認可を受けた賭け屋に対して、賭けを提供すること認めました

 

認可を受けるために厳しい審査があり、それをクリアした民間企業がブックメーカーとして、店舗を開き、経営を拡大していったそうです。

 

1990年代後半になるとネットが普及し始めて、それに伴い、ネットでのブックメーカーが広まっていき、現在は、店舗数が減少し、多くの利用者はネットを利用してブックメーカーを楽しんでいます。

ブックメーカーが広まった経緯

イギリスで発祥したブックメーカーは、その後、欧米に広まり、アジアなどにも広まり世界的に人気になっています。

 

政府公認のライセンスを受けて、合法的に運営されているということで、利用者は安心して遊べるということで、広まっていったのではないでしょうか。政府の後ろ盾があるといいうのは安心感があるんでしょうね。

 

また、ペイアウト率が高く、利用者への還元率が高いというのも人気の理由となっているようです。固定オッズで、あらかじめ予想が的中したときにもらえる勝利金が分かり、その配当がいいということで、ハマる人が多いみたいです。

 

ブックメーカーの還元率は約95%とほかのギャンブルと比較しても非常に高くなっているということで、熱中する人もどんどん増えていったのではないでしょうか。

 

ブックメーカーが人気になった理由

ネットの普及というのが大きかったようです。スマホやPCなどによって、自宅で簡単に賭けが楽しめるようになったことで、利用者も急増していったわけですね。

 

また、ブックメーカーの賭けの対象がスポーツに限らず、政治、天気、ゴシップなど大衆の話題になりやすいものも対象としていたことで、一般市民に受け入れられたというのもあるのではないでしょうか。

 

オッズは誰で見れるので、実際に賭けなくても、オッズを見ることで、どっちが優勢なのか情勢が分かって話のネタになったりしそうですし、ブックメーカーというのが身近な存在となっているのでしょうね。

 

また、大手のブックメーカーはスポーツチームやスポーツ大会のスポンサーをするなどして、スポーツ振興にも貢献しています。こういった、ブックメーカーの広告戦略によって一般社会に溶け込んで、一般の人々に受け入れられているというのもありそうですね。

 

日本におけるブックメーカーの歴史

日本では、ブックメーカーのようなギャンブルは賭博行為として違法とされています。競馬などは法律で認められているので、合法ということになっています。

 

ブックメーカーという存在が認められていなかったので、日本ではブックメーカーは存在しません。野球賭博や相撲賭博などは厳しく処罰されてきたという歴史もあります。

 

しかし、ネットの普及によって、海外で合法的に運営されているブックメーカーの利用は現実的に可能となっていて、実際に利用している日本人の方もいます。

 

これについては、違法性があるのかどうかについてが問題となっています。

 

現時点では、違法でも合法でもないグレーという見方が強いと考えられています。海外で合法的に運営されているようなブックメーカーの利用を違法とするという法律がなく、法律がない以上、違法として、処罰するのは難しいのではないかということです。

 

実際に、海外の合法的なブックメーカーを利用した日本人が違法として逮捕されたというような事例はないようですし、現実的には様々なハードルがあるのではないでしょうか。

 

注意点として、あくまでも、海外の合法的なブックメーカーの利用がグレーというだけです。国内で運営している組織や企業などの場合は、違法であり、そのブックメーカーだけではなく、プレイヤーも違法として逮捕されてしまうので、そういうのは利用しないようにしましょう。

 

ブックメーカーの問題点と今後について

ブックメーカーについては、イカサマや不正、八百長といった懸念点もあります。

 

また、ギャンブル依存症などの問題もあり、手放しに歓迎されるべきものではないかもしれません。

 

問題はありつつも、娯楽として楽しめて、人気があるということで、これを完全に規制するというのは現実的に難しいと思いますね。

 

日本政府もブックメーカーなど、オンラインを利用したギャンブルの扱いをどうするべきかもっと議論して、法整備をしていってもらいたいところですね。

ブックメーカーとは何か?
これからブックメーカーを始めたいという方はウィリアムヒルがおすすめです。ウィリアムヒルの始め方を解説している記事がありますので、そちらを参考にしてみてください。


ウィリアムヒルの始め方
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました