世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

ブックメーカーの違法性・合法性について。逮捕・摘発の可能性は?

ブックメーカー 違法 ブックメーカー

ブックメーカーを利用して、海外や日本のスポーツなどに賭けて楽しみたいという方も最近は増えているのではないでしょうか。

 

好きなチームとか応援しているチームに賭けることでより、スポーツ観戦が楽しめますし、魅力を感じている人も多いと思います。

 

そこで、気になる問題というのが、ブックメーカーなどのオンラインを利用したギャンブルについての、違法性、合法性の問題ではないでしょうか。

 

違法として逮捕されるようなことがあれば、大問題ですし、安心して遊ぶためにも、このへんは大丈夫なのか確認しておきたいですよね。

 

今回は、ブックメーカーの法律上の問題が気になるという方に向けて、ブックメーカーの違法性、合法性について解説していきます。

 

ブックメーカーの違法性・合法性

ブックメーカーというのは、外国政府からライセンスというのを取得して、合法的に運営されています。つまり、ブックメーカー自体には違法性はないということですね。

 

ライセンスを取得するためには、様々な厳しい審査があると言われています。具体的には、ブックメーカーの設立の経緯や経営者の資質、資金管理に問題ないかなど、審査されるわけです。この審査で問題がなければ、ライセンスが取得されて運営が可能になります。

 

ライセンスを取得しているブックメーカーであれば、合法性についてまったく問題ありません。

 

一方で、外国政府からライセンスを取得していないブックメーカーというのは、存在そのものが違法となりますので、こういったサイトを利用した場合は違法となってしまいます。

 

問題となるのが、合法的に運営されているブックメーカーを日本で利用した場合です。

 

ブックメーカーは日本では違法?

日本では、ギャンブルというのは賭博として違法とされています。競馬や競輪、宝くじなどの法律で認められている場合には、合法という扱いになっています。

 

日本ではブックメーカーは、法律で認められていないので、賭博として違法になるといえます。日本の企業や組織が運営しているブックメーカーなどは存在が違法なので、その利用者も違法となります。

 

ここで、問題となってくるのが、海外で合法的に運営しているブックメーカーを理由した場合です。

 

これについては、現在の法律では、「違法でも合法でもないグレー」と言われています。

 

日本では、オンラインカジノやブックメーカーなどのネットを利用した「オンラインギャンブル」については、法整備が遅れています。

 

そのため、現在の法律では、この、海外で合法的に運営されているオンラインギャンブルに対応できないというのが現状となっています。

 

賭博罪は古い法律であり、当然ながら、ネットも普及していない時代なので、明確に、オンラインギャンブルを違法とする法律はありません。

 

法整備が追いついておらず、違法とする法律がない以上、違法とすることはできないということですね。

・日本のブックメーカープレイヤーの逮捕が難しい理由

現在の法律では、ブックメーカーのプレイヤーの逮捕は難しいと考えられています。その理由としては、海外で合法的に運営されているブックメーカーには、日本の警察の捜査権が及ばないので、証拠集めなどの捜査をすることが難しいというのがあります。

 

また、ブックメーカーが合法である以上、プレイヤーのみを違法とするのは妥当ではないという議論もあります。賭博罪は胴元とプレイヤーを共犯として処罰する法律であり、胴元を処罰できないのに、プレイヤーのみを処罰するというのはおかしいということです。

 

また、ブックメーカーなどオンラインギャンブルに関する法律が整っていない状況で、法律の解釈によって違法とするというのは、罪刑法定主義に反するという見解もあります。

 

罪刑法定主義【ざいけいほうていしゅぎ】というのは、簡単に説明すると、刑法は、違法となる行為とその処罰を明確に法律で規定していないといけないという法律の原則です。

 

刑法は、逮捕や罰金などによって、国民の権利(自由や財産権)を侵害するものなので、何が悪くて、どんな罰があるかはっきりしていないと人権侵害にもつながりかねません。

 

そこで、この罪刑法定主義という考えによって、国家権力が法律を解釈によって恣意的に運用するのを防いでいるわけですね。

 

現在、ブックメーカーなどのオンラインギャンブルに関する法律がないので、これを違法とすることは罪刑法定主義に反するという主張がされているわけです。

ブックメーカーが違法となるケース

日本でブックメーカーを利用して違法となるケースとしては、日本の会社や組織が胴元として運営している場合です。

 

また、胴元が海外の会社であっても、合法でなかったり、実質的に日本国内にいる人物が取り仕切って胴元のような役割をしている場合には、違法となるようです。

 

ですので、ブックメーカーの運営会社がどこで、ライセンスがどこなのかというのが大事になってきます。

 

また、日本国内の店舗型のブックメーカーも、店舗の提供者が実質的に胴元と判断されて違法となるようです。オンラインカジノの店舗型はインカジと言われていますが、そういうのもダメってっことですね。

【参考】日本のオンラインカジノプレイヤーが逮捕された事例

ブックメーカーとは違いますが、同じオンラインギャンブルであるオンラインカジノのプレイヤーが2016年に逮捕されたという事件がありました。

 

3人逮捕されましたが、2人は略式起訴となりました。逮捕された一人は、逮捕を不服として、争うことにして、結果的に、不起訴処分となっています。不起訴処分というのは無罪ということです。

 

この無罪を勝ち取ったことで、現行の法律では、海外で合法的に運営しているオンラインカジノの利用者を逮捕するのは難しくなったと考えられています。

 

ブックメーカーも同じオンラインギャンブルなので、オンラインカジノと同様の扱いになり、逮捕するというのは難しい状況なのではないでしょうか。

 

実際に、この事件以降、オンラインカジノの日本人プレイヤーが逮捕されたことはないですし、ブックメーカーのプレイヤーが逮捕されたこともありません

 

ツイッター、ブログ、You Tubeなどで、オンラインギャンブルを利用していると公言している人もいて、現実的にそういう方を特定することは可能なのでしょうけど、法律的な理由で逮捕するのが難しいというのが現状なのではないでしょうか。

日本でブックメーカーを安全に遊ぶために大事なポイント

日本で安全にブックメーカーを遊ぶためには、海外で合法的なブックメーカーを利用するということと、自宅のPCやスマホなので、ひっそりと遊ぶということが大事だと思います。

 

マイナーなブックメーカーの場合は怪しいところがあったりするので、メジャーで有名なブックメーカーを利用したほうがいいといえます。ウィリアムヒルとか上場企業が運営していたり、知名度、実績があるブックメーカーがいいですね

 

ブックメーカーの違法性・合法性のまとめ

今回は、ブックメーカーの違法性、合法性について解説してきました。

 

結論としては、「合法でも違法でもないグレー」ということになります。あくまでも、グレーなので、絶対ではありませんので、最終的には自己責任で遊ぶかどうか決めるということになると思います。

 

現状で、オンラインカジノやブックメーカーのプレイヤーは日本で数十万人いるといわれていますし、一斉に逮捕するというのは現実的に不可能なので、逮捕に本気ということになれば、法改正の動くということになるのではないでしょうか。

 

ただ、オンラインギャンブルの規制を求める国民の声はあまりありませんし、国によるネットの規制とかの問題にもなるので、規制する方向での法改正も難しいのかなと思っています。

 

しばらくは、このグレーな状況で放置されるような気もしますね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました